不要な食器はどこに収める?収納・保管方法

使わなくなった食器


▲ 食器買取専門 福ちゃん ▲

頂き物や衝動買いなどで、使わない食器がどんどん増えて困ってしまうことってありませんか?捨てるのはもったいないけれど、棚の奥底に眠らせてしまったら、もう二度と使う機会もないでしょう。それはそれで意味がありません。では、どうするのが一番いいのでしょうか?

⇒ 新品やブランドなら食器買取がおすすめ

今回は、そんな使わない食器の保管方法に悩むあなたと一緒に、ベストな対処方法を考えていきたいと思っています。目の前にあるいらない食器の山をもう一度確認し、それぞれに合った保管方法を見つけてみてください。

とりあえず箱から出して食器棚に納める

使わないからといって箱に入れたまま棚の奥底に眠らせてしまうと、さらに使う機会を失ってしまうことになります。頂いたものは使ってこそ意味がありますし、贈り物の場合なら、使ってくれた方が喜ばれること間違いありません。

使うかどうかわならなくても、とりあえず箱から出して食器棚に納めてみてください。目に付かないと、存在自体を忘れてしまいがちです。しかし、目に入ることで、意識的に使おうと思える瞬間があるかもしれません。

自分は使いたいと思えなくても、家族の目に留まって「この食器がいいな」とチョイスされる時もあります。そんな機会を増やすためにも、見えるところに収納してチャンスを待ちましょう。

小物入れとして活用する

使わない食器は、小物入れとして活用するという方法もあります。小さい小鉢ならアクセサリーを入れてもいいですし、子供部屋に置き、消しゴムを入れる器にしても良さそうです。

玄関に置けば印鑑やカギを入れておけますし、トイレやお風呂場に置き、キャンドルスタンドにしてもいいでしょう。浅めの皿は、小さなインテリア用の人形などをいくつか入れて飾る土台にすることができます。

キッチンでおたまを乗せておく入れ物としてもつかうことができ、用途もいろいろです。部屋の雰囲気や色味に合わせて使い道を決めていくのも楽しいのではないでしょうか。

スッキリとかさばらないようにまとめる

使わない棚を棚に収納したくないのは、食器棚の使い勝手が悪くなってしまうからです。食器の数が増えてしまうと、使いたい食器を取り出すのにも手間や時間がかかるようになってしまいます。

見栄えも悪くなり、キレイ好きなひとなら耐えられないかもしれません。しかし、サイズを統一して取っ手付きの容器にまとめて入れたり、うまく重なり合うように収納してみるとそれほどイライラもしません。

数が増えても、うまくまとめていることに満足し、気分だって上がります。ちょっと面倒ではありますが、持っている食器をすべて出し、すっきりとかさばらない組み合わせを考えてみてください。それがうまくいけば、たとえ今後も使う機会が少なくても目障りな存在にはなりません。

似た食器のそばに収納する

使わない食器は、似た食器のそばに収納するようにしましょう。例えば、茶碗蒸しの容器のそばに、使いそうもない茶碗蒸しの容器をもうワンセット収納します。

すると、茶碗蒸しを作ろうと思った時、その時の気分で「今日はこっちを使ってみようかな」と思えることもあるかもしれません。

似た食器のそばに置いておかないとどうなると思いますか?他にも選択肢があることが思い出せず、結局いつもの食器ばかりを使うことになってしまいます。

「この料理はこの食器」とか、「お父さんはこの食器がお気に入り」というように、食器選びも定番化しやすいものです。だからこそ、「こっちはどう?」と自分に問いかけるきっかけを作ってみてください。

作品作りの材料として楽しむ

使わない食器なら、料理を入れる器として無理に使う必要もありません。作品作りの材料として楽しむのもアリです。趣味として使うのも、子供の自由研究の材料としても使えませんか?

眠らせたままにしておくよりも、作品を作って楽しみ、インテリアとして飾った方が食器も無駄にはなりません。ものによっては、時間の経過とともに色褪せたり、ぽろぽろと崩れ落ちてくるものもあります。

しかし、食器ならその心配もなく、長く飾ることも可能です。作ったものを祖父母にプレゼントしてもいいでしょう。高級間のある作品として喜ばれそうです。

箱にしまっておき、いつか人にあげる

あえて箱に入れたままにしておき、綺麗にしまっておくという方法もあります。これは、どうせ使わないからそのままにしておくという意味ではなく、いつか人にあげる時のために大事にとっておくという意味です。

子供がひとり暮らしをするようになれば必要になるかもしれませんし、知り合いのお祝いで贈り物をしたくなる日が来る可能性もあります。食器は使い古したものをもらっても困ってしまいますから、プレゼントしても問題ない状態を保っておくべきです。

また、いくつか大事に保管しておくと、別の食器や別のアイテムと組み合わせて贈り物とすることもできます。おいしいチョコレートが手に入った時、それを入れるのにぴったりな食器と一緒にギフトボックスにつめてみましょう。立派な贈り物として喜んでもらえるはずです。

収納する場所に困る時は買取を依頼する

食器は保管にも場所を取ります。また、ちゃんとした場所に保管しておかないと、うっかり割ってしまうこともあるので保管にはけっこう気を使います。そんな時は食器買取を依頼し、お金に替えるという方法があります。

使う可能性がある食器なら手離すのは惜しいですが、明らかに好みではないものや、大きすぎて保管に困ってしまうものなら、状態のいいうちに売ってしまうのも懸命な判断ではないでしょうか。

ただ、もらいものを買取に出すと、くれた人がお店でそれを目にして「売られている!ひどい!」とショックを受けることもあります。売っても問題ない食器かどうかをよく考えた上で行動するようにしてください。

食器の買取できます!

洋食器、和食器、グラス、カトラリーなど高く買取してくれます。買取方法は、店頭買取、出張買取、宅配買取がありますが、重く持ち運び時に壊れる可能性もあるので家に来てもらう出張買取がおすすめですよ。査定・出張費用も無料!着物やアクセサリー、ジュエリー、切手、骨とう品なども一緒に査定してもらえます。

⇒ 食器買取「福ちゃん」公式サイトへ

使わなくなった食器
食器買取のおすすめ業者ランキング【ブランド食器買取相場、寄付・処分方法も掲載】